旅の空でいつでも君を想ってた。

若いころは旅好きでした・・・な50オヤジが空想旅行とリアル旅行を綴ります。

【タビソラ】ヨーロッパで、いつでも君を想ってた。





まだ間に合う!夏休み♪ 販売期間:2017年7月25日(火)~2017年8月8日(火)8時迄
★ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート
★ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
★ホテルハワイアンズ


タビソラこと筆者は、今から約30年ほど前、
次の四月から大学4年になる3月、
つまり大学3年の春休みにヨーロッパ数か国へ行ってきた。

21歳になったばかりである。・・・早生まれなので^^


初海外、約2週間の旅である。
こんなに長いこと旅行に行くのも、初めて。


この時は友人と2人で行ってきた。


当時、大学の卒業旅行で海外へ、というのが定着しつつあった。

「卒業して海外じゃなくて、3年のうちに行ってしまえ!」

流行りには乗らないぜ!
・・・というわけのわからない反逆精神を発揮した(笑)

当時はバリバリのロッケン・ローラーだったwww

 

 

 

行きと帰りの飛行機・ホテルは決まっていて、
中の約1週間は、完璧フリ―、というパッケージ。

 

しかも、友人はスペインに行きたい、
タビソラはスイスに行きたいで、
フリー期間は全くの一人。

 

 


かなり不安もあった。

バリバリのロッケン・ローラーのくせに、気が小さい(笑)

 


が、行ってみれば何とかなるものである。

 


成田からキャセイパシフィックで香港へ、そこからフランクフルトへ。
航空会社は忘れた^^


で、当時は冷戦終結のほんの2,3年前。

まだドイツが東西に分かれていて「西ドイツ」「東ドイツ」が通称である。

 

トーマスクックを頼りに、
西ドイツ → スイス → フランス

と鉄道の旅。


スイスからフランスへは夜行列車で行った。


途中集合がパリで、そこからロンドンへ渡るのだが、
無事に友人やツアーの人たちと会えた時は、
ほっとしたものだ。

 

 

ここからタビソラは海外・国内とも旅行好きになるのだが、
残念ながらバックパッカーというほどではない。


そこまでの根性はなかった(笑)

 

 


タビソラが大学を卒業してからは
海外語学留学が流行ったのか、斡旋会社が乱立した。


今はどれくらい残っているだろうか。


その1社にお世話になって、ロンドンへ短期語学留学するのは
また別のお話(^^♪

 

 

チャオって、まだあったのだな。うれしい♪

タビソラの初海外はここからだった。 

 

 今はこんなサービスもある。すばらしい!